抜け毛が増える前にしておくべき効果的なケア方法
抜け毛が増える前にしておくべき効果的なケア方法

AGA治療とセルフケアの併用で抜け毛対策の効果を促進

  • TOP
  • >
  • 効果抜群の抜け毛対策

この抜け毛が黄色信号!AGA治療を受けるタイミングを見極めよう

抜け毛の症状があっても、どのようなタイミングでAGA治療を受ければ良いのかわからないと悩む人は多いです。ここでは、AGA治療を受けるべき抜け毛のサインについて説明します。

AGA治療が必要となるサイン

1日にどれくらいの髪の毛が抜けたら、AGAの治療を受けたほうがいいですか?
髪の毛の本数は平均10万本で、1日に100本ほど髪の毛が抜けているとなると、毎日0.1%の髪の毛が抜けていることになります。ただ、季節や頭皮環境によって抜け毛の本数は変動します。1日の抜け毛の内、50%~70%がシャンプー時に抜けていて、本数にすると平均で25本~70本程度です。ドライヤー時にも抜け毛は発生しますが、ドライヤーが直接的な原因になっているわけではなく、シャワーやシャンプーを行なったことで抜けきらなかった髪の毛が風圧によって落ちるだけです。
このような平均的な抜け毛の本数よりも、数が多いと感じる場合は、AGAの治療を受けたほうが良いでしょう。
抜け毛が多いこと以外にも、AGA治療を受けたほうがいい髪の毛の特徴はありますか?
AGAへと繋がる抜け毛の特徴は、太くて強い健康的な髪の毛と違って、細くて弱い毛が多いです。例えば、「産毛が多い」「短い毛が多い」「毛先が細い」「根本にゴミが付着している」「根本が細い」などの特徴があります。このような特徴がある抜け毛が多い場合は、AGA治療を検討したほうが良いでしょう。

早めにAGA治療を受けるメリット

笑顔の男性

現在のAGA治療では、毛根を生き返らせる技術はありません。そのため、毛根が完全に死んでしまう前に、抜け毛予防と発毛の対策をする必要があります。早めにAGA治療を受ければ、現状維持をするのか、髪の毛を増やしたいのか選択することが可能です。AGA治療の費用相場は、薬代や診療費を含めて、1ヶ月10,000円~15,000円程度です。もちろん1回の治療だけでは終わらないですから、状態がひどく多くの治療が必要になるとその分費用も高額になります。ですから、症状が軽い内にAGA治療を受けたほうが、費用を安く抑えられるというメリットもあるのです。

専門クリニックの治療とセルフケアを上手に取り入れよう

専門クリニックで受けられるAGA治療と、セルフケアの両方を取り入れることで、効果的に抜け毛を予防できます。専門クリニックで処方される治療薬と、セルフケアの方法について見てみましょう。

抜け毛に効果的!専門クリニックで処方される治療薬

プロペシア
プロペシアとは、フィナステリドが配合されている治療薬で、多くのクリニックで処方されています。脱毛物質のDHTを生成する酵素の働きを阻害する効果があります。プロペシアは抜け毛が多く、毎日飲み続けられる人におすすめです。
ミノキシジル
ミノキシジルは、血流を良くして頭皮まで栄養を運びやすくする効果と、毛乳頭に直接作用して細胞を活性化させる効果がある治療薬です。発毛効果が高いミノキシジルは、生え際の薄い人や新しい毛が生えてこない人におすすめです。
フィナステリド
フィナステリドは、プロペシアの正規ジェネリック医薬品です。プロペシアの後発品はいくつか流通していましたが、初めて正規品として販売されたのがフィナステリドになります。プロペシアと同じ効果なので、抜け毛の量が気になる人にはもちろんですが、プロペシアよりも安く購入できるので費用を安く抑えたい人にもおすすめです。

この他にもAGAクリニックで処方されている治療薬はたくさんあります。頭皮の状態や悩み、治療費によって使用する治療薬は異なります。医師としっかりコミュニケーションをとった上で、服用をすることが大切です。

治療薬と併せて行ないたい「頭皮マッサージ」の効果

頭皮マッサージをすることで得られる効果は、主に2つです。頭皮の柔軟性を高めて血流を良くする、毛穴に詰まった皮脂の汚れを押し出すことが挙げられます。頭皮マッサージを行なうだけでも効果がありますが、治療薬の服用と併せることによって、さらに育毛や抜け毛予防の効果を得られます。頭皮マッサージは手軽にできてお金がかからない方法なので取り入れやすいのですが、注意しておくべき点もあります。それは長時間強い力で揉んでしまうのは、逆効果ということです。頭皮にダメージを与えないように、優しく丁寧に頭皮マッサージをしましょう。

頭皮の血行促進・抜け毛予防に効果のあるツボ

百会(ひゃくえ)
頭の真上、両耳と鼻の延長線上で交じる部分が百会の位置です。指の腹を使って、気持ちよく感じる強さで押します。
天柱(てんちゅう)
首の後ろにある筋肉の外側、髪の生え際が天柱の位置です。親指の先を天柱に当てて、強めに押しします。
風池(ふうち)
天柱の指1本分外側にあるくぼみが風池の位置です。天柱と同じように親指の先を風池に当てて、強めに押します。

頭皮マッサージのワンポイントアドバイス

頭頂部の百会を刺激するマッサージで血行促進

両耳から頭の上に向かったところ、眉間から上に向かって交差する部分が百会というツボがあります。百会を刺激する方法は、両手の中指を使ってゆっくり押します。強く押し過ぎないように、心地良く感じる程度に圧迫すること、指の腹を使うこと、の2点がポイントです。百会を刺激することで、頭皮の血行促進、頭痛や不眠の改善などの効果を得られます。

側頭部のマッサージで頭部に血液を送るのがおすすめ

側頭部をマッサージする際は、左右の耳のすぐ上にある角孫というツボを刺激します。指の腹を使うように意識して、親指以外の4本の指を角孫に当てたら、ゆっくり円を描いて丁寧にマッサージします。何回か刺激をしたら、徐々に指を当てる場所を上にずらしていきます。下から上に血液を送るようなイメージで行なうことで、上手に側頭部を刺激できます。

AGAの専門治療と、自分でできる頭皮環境の改善やマッサージを行なうことで、抜け毛予防ができます。しかし間違った方法でケアをしてしまうと、抜け毛が増えてしまうことがあるので注意しましょう。正しいケアを、なるべく早い段階で取り入れて、大事な髪の毛を守りましょう。

TOPボタン