抜け毛が増える前にしておくべき効果的なケア方法
抜け毛が増える前にしておくべき効果的なケア方法

多くの抜け毛が発生するのはお風呂場~大阪のAGAクリニックに行こう~

40代男性は要注意!抜け毛はこのような場面で起きる

くしを使う男性

40代の男性に多い抜け毛。年齢を重ねるにつれて、「髪の毛が細くなった」「抜けやすくなった」と感じる男性は数多くいるでしょう。実際に抜け毛が増えたという声は、同じ世代の男性数多く上がっています。

ストレスのせいか、枕元に抜け毛が増えている

20代や30代は髪の毛がフサフサだったということもあり、髪の毛の心配は全くしていませんでした。しかし40歳を過ぎ、仕事の責任も重くなってきて、強いストレスを抱えるようになると抜け毛が増えてきました。毎朝枕元を見ると、大量の髪の毛が抜けていて、朝起きてすぐ悲しい気分になってしまいます。

1日髪の毛を洗わないと次の日の抜け毛が異常に多くて心配

私は基本的に毎日お風呂に入っていますが、残業や飲み会などで遅くに帰ってきた時は、お風呂に入らずそのまま寝てしまうこともあります。すると、次の日の抜け毛が異常に多くなってしまうので非常に心配です。理由はなぜだかわからないですが、今でもこの現象は続いているので不安があります。

お風呂の後、大量の抜け毛を見て落胆

抜け毛が少し気になってきた時に、ふと排水溝に目を移すと、大量の抜け毛が落ちていてとてもショックを受けてしまいました。抜け毛が気になっていたと言っても、こんなに抜けているとは思っていませんでした。今では落ち込むとわかっていても、お風呂の後に排水溝に落ちている髪の毛を見るのが癖になっています。

抜け毛が多くなる場面

  • シャンプー・リンス
  • ブラシで髪の毛をとかす
  • 髪の毛を乾かす
  • 睡眠中

抜け毛の本数は人によって異なりますが、平均的な本数は1日に50本~100本程度です。50本~100本というと、多くの髪の毛が抜けているように聞こえますが、実は通常の範囲内なのです。また、100本以上抜け毛があるからと言って、それほど気にする必要はありません。ヘアサイクルによって、抜け毛は必ず起こるものです。ヘアサイクルには個人差がありますから、1日100本以上抜け毛があったとしても正常なケースもあるのです。ですから髪の毛の心配をするなら、抜け毛の本数よりも、抜け毛の質や、今までより抜け毛が増えているかどうかチェックしましょう。

髪の毛を守るなら抜け毛が多くなる時にケアするのがポイント

抜け毛が増えて悩んでいるなら、抜け毛が増える変化を見極めた上で、なるべく早く適切なアプローチをすることが大切です。

抜け毛が一番多いと感じるのは「お風呂」

身体を清潔にするためにお風呂に入りますが、実は髪の毛が抜けやすくなる要因が発生しやすい場所でもあります。特にシャンプーで、強く頭をゴシゴシと洗ってしまうことで、頭皮と髪の毛に強い刺激が加わってしまい抜け毛が増えてしまいます。一般的に、多くの人は1度髪を洗った時に30本~70本程度の抜け毛があると言われています。そのため、1度髪を洗った時に抜け毛が100本以上になる場合は、薄毛のリスクがあるので注意しておきましょう。

お風呂後も要注意!髪の毛を濡れたまま放置すると抜け毛が増えるかも

お風呂後に髪の毛を乾かさずに放置する男性は多いですが、実はこれが抜け毛の原因になっている場合があります。

朝起きた後の抜け毛が多くて悩んでいます。ドライヤーが面倒でタオルドライをしてすぐに就寝するのですが、これは抜け毛の要因になりますか?
タオルドライだけでは、十分に髪を乾かすことができません。濡れたまま就寝してしまうと、雑菌が繁殖して、常在菌と皮脂、シャンプーの洗い残しによる成分などが混ざって酸化します。すると、頭皮に刺激が与えられて、炎症を起こしてしまうのです。頭皮が炎症を起こすと、皮膚を再生するためにエネルギーが使われてしまいます。頭皮には、血液があまり回ってこないので、もともとエネルギーは少ないです。そのため髪の毛を成長させるエネルギーが不足して、抜け毛が増える原因になります。

髪の毛を上手に乾かすワンポイントアドバイス

低音ドライヤーで髪の毛と頭皮を乾かすのがおすすめ(美容師)

ドライヤーを使用する時は、なるべく低い温度で乾かすようにしましょう。温度が高いと、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうからです。ドライヤーが出す熱で、頭皮は100度以上の温度になってしまいます。髪の毛は、タンパク質できるため、熱に弱いという特徴があります。100度以上になると髪の毛は変形しますし、150度以上になると髪の毛の構造は破壊されます。ですから、ドライヤーを高い温度で使用するのは避けるべきです。強風が出る低音ドライヤーを使えば、低い温度でもしっかり髪の毛と頭皮を乾かすことができます。

頭皮環境をチェックしよう

頭皮をさわる男性

抜け毛を防ぐためには、自分で髪の毛のケアをするのはもちろんですが、頭皮環境をチェックすることも大事です。頭皮環境によっては、専門のAGAクリニックで治療を受けなければならないこともあります。ここでは、自分できる頭皮環境のチェック方法を教えます。実際に自分の頭皮を確認して、薄毛治療が必要かどうか見てみましょう。

健康な頭皮というのは、薄く青みがかっています。しっかりとした毛根が多く残っていると、その色が青く見えるからです。黄色の頭皮は、皮脂が酸化しています。脂っこい食事を撮り過ぎると、皮脂が多くなり、毛穴が詰まってしまいます。赤色の頭皮は、頭皮が何らかの原因で炎症を起こしています。常に頭皮が赤い場合は、危険信号のサインです。
柔軟性
頭皮には柔軟性が必要です。柔軟性がない頭皮の場合、毛根の活力が低下して、最終的には死んでしまいます。健康的な頭皮は、こめかみ程度の柔軟性があります。カチカチに固い頭皮の場合は、危険信号のサインです。
毛根
自分の抜け毛を見る時は、毛根をよくチェックしましょう。正常な抜け毛の場合は、毛根が白く丸みがかっています。しかし毛根が弱い人の抜け毛は、細くなっています。自分の抜け毛を見て、毛根が細くなっているなら危険信号のサインと捉えましょう。

頭皮環境の危険信号が多い場合は、AGAクリニックへ

上記の項目で危険信号が多い場合は、AGAクリニックへの治療を検討する必要があるでしょう。頭皮環境は自分のケアだけではなく、専門クリニックで行なっている治療とケアを合わせることで効果を高めることができます。抜け毛を防いで自分の髪の毛を守りたいのであれば、早めに治療の評判が高いAGAクリニックを探すことも大切です。

TOPボタン